商品情報

フロートバルブ(自動定量分水装置)
[下水・河川水門設備]

フロートの浮力を利用して、管に設置したバルブの開度を制御して分水を行います。

無動力で定量的な吐出量に調整することが可能です。

幹線水路から支線水路へ分水する場合、従来は幹線水路の水位の変化により分水量が変動し、所定の計画分水量に誤差が生じて結果的に水資源の浪費となっていました。

本装置は、幹線水路の水位が変化しても、自動的に一定の分水量が保証できます。

構造
フロートバルブ構造

特徴
  1. 分水精度が高い
  2. 分水量を適宜変更することが容易
  3. 分水量の管理が容易
  4. 構造が簡単で、且つ堅固で故障が少ない
  5. 取付け、取外しが簡単
  6. 水路中のゴミは自動排除される為、分水機能は損なわれない
  7. 遠隔、集中管理が可能
  8. 定量性のほか、下流水位制御など多機能である
  9. 高度水管理と節水が可能
  10. 低価格

西赤沢分水

フロートバルブ_フロート部

▲フロート部
バルブ弁部
▲バルブ弁部
▲西赤沢分水
お問合せフォーム

製品に関するご質問やご相談などは、お気軽にお問合せください。

「お問合せフォーム」からお問合せ頂けます。

このページのトップへ
Copyright 2010 YOSHIDAKOKI CO.,LTD. All Rights Reserved.